recruit採用情報

先輩の声

松下将悟

工務部 2017年2月入社

——入社した経緯

以前は車のディーラーで働いていました。しかし、だんだん自分に合わないと感じるようになって友人に相談したところ、この会社を紹介してもらったのがきっかけです。紹介してもらうまでは、この業界については何にも知りませんでした。知識も資格も全くない状態で、本当にゼロからのスタートという感じです。

——入社後はどのように仕事を覚えていきましたか?

入社したての頃は本当に何も知らない状態で入ったので、先輩や上司など周りの方々にいろいろと教えてもらって何とかやっていけました。

今年で4年目になりますがまだまだ勉強、勉強の毎日で、必死に仕事をしています。今は配電班に所属していて、電柱を建てる仕事、電線を張る仕事のどちらもやらせてもらっています。本当に幅が広く覚えることも多いので、難しいさを感じています。その中でも今年は資格取得にも挑戦し、少しずつですができることを増やしていければと思います。

仕事中は「安全第一」ということも常に意識しています。高所での作業や高圧電流が流れるところでの作業になったりするので、毎日ちゃんと家に帰れることが大切だと思っていますね。

——将来のイメージはありますか?

先輩方を見ていると、現場で本当にテキパキと動いています。僕らは誰もが使っている電気を扱っているので、1分1秒でも早く送ることが大事。なので、現場はいかに段取りよくできるかっていうのが重要なのです。今はまだ「どうしよう」と思いながら動くことがほとんどなので、いつかは自分の力で現場を回していくようなレベルまでいけたらいいなと思ってます。また、日本は停電してもすぐに復旧されます。それは普段から品質の高い工事をやっているからこそ保たれている部分があって、先輩方はその意識であったり、プライドを持って作業をしています。自分もその中に入って追いついていきたいというのが今後の目標です。

——会社の雰囲気はどうですか?

みんな話しやすいですし、困ったらすぐに助けてくれるので雰囲気はとてもいいです。もちろん厳しい人もいますが、それはプライドを高く持ってるからこそだと思います。一つ間違えれば何千件と停電してしまうような現場なので、仕事中はみんなスイッチが入って雰囲気が張り詰めていることはあります。でも、仕事終わりの飲み会などでは、「この人たちは本当にいつも現場にいる人なのかな?」って思うくらい砕けていたりもして、意外な一面が見られたりもするので面白いですね。

——仕事が休みの日はどのように過ごしていますか?

友人と遊んだりすることが多いですね。会社の仲のいい人と飲みに出かけることもあります。その時は普段会社や仕事に対して思っていることを言い合ったりもするので、リフレッシュできているかもしれないですね。

——栄建を目指す方に向けて、メッセージを

多くの人の生活を守る仕事なので、責任感を強く持っている人がいいと思います。企業理念にもあるように、素直な心で、感謝の気持ちを忘れず、地域社会に貢献したいと思う人ならやりがいを持って仕事ができると思います。自分もゼロからのスタートでしたが、毎日真剣に取り組むことで徐々に仕事にも慣れてきました。一歩踏み出すことで、毎日が楽しく目標を持って行動できると思います。

青柳隆雅

——入社した経緯

学生時代に電気屋の腰道具を見かけて興味を持ち、技専に行って外線のことを知ってかっこいいなと思いハローワークに行きました。  

——入社後の印象はどうですか?

引き込み、鉄塔関係、建柱などやったりと幅広いなと思いました。高所作業車を据え付ける場所や旋回のやり方など、作業長に指示してもらい勉強させてもらっています。ライフラインを支える仕事なのでとても責任のある仕事だと思います。

——会社の雰囲気はどうですか?

とてもいいです。まわりの先輩方によく指導してもらいとても勉強になります。社員旅行や飲み会もとても賑やかで楽しいです。

——どんなときにやりがいを感じますか?

電線の張替工事をした際に、お客さんから「ありがとう」と言って頂いたときに、自分も微力ながら人の役に立てたのかなと思い、やりがいを感じます。

——将来のイメージはありますか?

今は先輩方に色々と教わりながら作業していますが、自分で考え施工できるようになりたいです。資格取得も頑張り、施工管理技士を取りたいです。自分が1番年下ですが、ゆくゆくは後輩が出来た時に教えられるような先輩になりたいです。

——仕事が休みの日はどのように過ごしていますか?

車を去年購入したので、少し遠くまでドライブして景色を見たりして息抜きをしています。

——栄建を目指す方に向けて、メッセージを

自分は腰道具がかっこいいなと思って興味を持ち、入社しました。なので少しでも興味のある人なら、入ったら楽しいと思います。「電気がつく」を当たり前にする仕事はとても誇らしいし、かっこいいと思います。

——技能オリンピック出場と連合大会優勝について

技能オリンピックに出場して、沢山の方々に指導していただいたり普段経験できないことをし、自分の中で財産になったと思います。当日はとても緊張はしたが、日々会社でやっている引込工事や、会社で仕事をしている先輩達の姿を見ていたり、指導してくれた方々のおかげで自信を持って作業する事ができました。結果は優勝することが出来て、関わってくださった方々に少しでも恩返しが出来たと思います。会社からもお祝金をいただきうれしく思いました。